効果的な集客を用いて人気の店舗へと拡大させる方法を紹介

店舗集客でSNSを使うなら使い分けが必要

列に並ぶ様子

最近はSNSが普及したためにインスタやツイッターなどで集客を行うケースが増えてきています。しかしながら、店舗の紹介だけしていても集客は難しいです。またそれぞれSNSごとに特徴があるため、しっかりと集客効果をあげたいならばSNSの使い分けをする必要があります。
まず、SNSの中でもお店の看板のようなものになるのがFacebookです。それゆえ、Facebookにはお店の営業日に関することやお知らせなどを定期的に更新するようにしましょう。次にツイッターですが、こちらは文章をある程度読む人が使うツールです。店舗への誘導となるとブログでお店のことやその周辺事情などを発信することで、興味をもってもらえる傾向があります。
そして、若年層に向けてはインスタだと思っている人がいますが、実際にはかなり年齢的に上がってきているのが実情です。視覚的に情報を拾いたいと思っている人が利用しているので、文章よりもアップする写真やハッシュタグなどに気を付けましょう。文章もダラダラ書くのではなく、適度に行間を開けたりして読みやすく視覚的に美しいことが求められています。
SNSが発達した昨今、店舗集客にSNSは欠かせません。しかし使い方を誤るとその効果は半減してしまうので、費用対効果が出るように発信方法などしっかり使い分けて利用する必要があります。

Choice Articles

店舗集客のために効率良くインスタを運用するなら自動ツールの導入を

インスタを効率良く運用していきたいと思っている運用担当者は多いのではないでしょうか?インスタは手間が掛かる事が多いので、全てを人力でやろうと思ったら非常に時間が掛かってしまいます。仕事がインスタ…

スマホの画面を見る女性

ネイルサロンの店舗集客ならばインスタの自動ツールがおすすめ

高い技術と機材で美しい爪にするネイルサロンの営業は、完成した状態や最新のデザイン、あるいは店内の様子をインスタに掲載することも有効です。インスタの運用担当の労力を減らせる自動ツールを使えば、他の…

携帯を持って喜ぶポーズ
TOP